転職サイトは専門性とアドバイスを併せ持つエージェントに登録しよう!

転職の方法も一昔前とはかなり変わってるのを知ってましたか?

あなたもよく耳にしませんか?

「良い仕事が無いなー」って。

今の職場では、将来にも明るい希望が持てないので、少し他の会社にでも目を向けてみようかと思うまでは良いのですが、求人を見てみても、コレと思える仕事が見当たらないのが、この近年の現実です。

・・・。は、嘘です。

人が飛びつく良い求人は、今ではカンタンに出回ることはありません。近年は、転職のやり方も大きく変化しています。仕事を探す側にとっても、人手を探す側にとっても、お互いにメリットがあるエージェント方式が採られているからです。

転職エージェントが取り持つ非公開案件とは?

求人誌としては老舗のイメージもある「DUDA」のサイトには、目を疑うような一文があります。

非公開求人はこんなにある

DUDAに寄せられる求人情報は100,000件。転職サイトで公開している求人情報は、全体の1~2割り程度でしかありません。残りの8~9割が非公開求人

これは、「DUDA」だけに限ったことでなく、「リクルート」などでもエージェントが取り扱う非公開案件というものがあります。

登録したものだけが転職に優位な案件情報を得ることができる

あなたにとっては、何かしらのサイトに登録することは、やや煩わしいかもしれません。しかし、真剣に転職希望者を探す企業とエージェントにとっては、冷やかしは邪魔でしかないのです。

企業にとって、採用という業務は、かなりの費用がかかります。昔は、新聞に多額の広告費を払うなどして、自社で採用の試験までの段取りを行うことが普通でした。

しかし、ハローワークや新聞などを目にした多くの希望者に対して、試験の準備から合否の判定までを業務として行っていたのです。地元の有名な企業などにもなると、わずか数十名の求人に数千人が試験に訪れるといった事態になることも普通でした。これでは、採用にかかるコストがあまりに高いのです。多くの不採用者のために、多くの時間が裂かれる為に。

そこで、転職エージェントのサービスが徐々に浸透しはじめました。求人は自社で行わずに依託するようになっていったのです。転職に前向きで優秀な人材を先に選出して、直接、企業に紹介していくことで企業側の採用にかかるコストを低減しました。

また、転職を希望している側にとっても、これは大きなメリットでした。企業との間にアドバイザーが入ることで、個人のアピールが企業にも届きやすくなったのです。

自分の経験を活かしたいのであれば登録は必衰

これまでの知識と経験を活かしつつ、より良い企業の環境の中で働くために転職したいのであれば、もはやエージェントを介して転職することは常識です。

過去の、かつて知った転職のやり方で求人誌を見ても、あなたの理想は見つかりません。転職エージェントに登録することで、あなたの目にしなかった知らない求人が溢れているのです。

やり甲斐はありますか?評価に不満はないですか?

自分の実力はもっと評価されるべきだと考えている人は、エンジニアにはとても多くいます。

私は、それが自分を過剰に好評価しているとは思えません。現実にエンジニアの実力は、もっと評価されるべきであると思いますし、また評価してくれる会社も存在します。

転職は給与が下がってリスクがあると考えがちですが、働き手が圧倒的に減ってしまっている現時代では、その考えは間違えです。

企業は、転職してくれるあなたに対して、より良い条件を準備してくれます。今とは比べ物にならないほどに、やり甲斐を持って働ける環境に身を置けるのです。

エンジニアなら無料登録しておくべし↓↓

ハローワークの求人に好条件な案件が無い・・

あなたがハローワークへ行っても、自分の望みに叶う求人が見つからないと思ったことはありませんか?

昨今、多くの好条件な求人は、一般的には目に入らなくなりつつあります。

そこには、転職エージェントという新しい仕組みが存在するからです。

転職エージェントが企業をアシストする時代

企業も求人にはコストがかかるために、以前のように新聞広告で大々的になんてことは、今後はますます無くなっていくことでしょう。

優秀な人材を確実に雇うためには、それらの仕事はすべて、専門の会社にアウトソーシングするようになりました。

海外などでは、いわゆる引き抜きと言われる、優秀な人材を他の会社から好条件で引き抜いてくることが日常的に行われています。

日本では、まだ、そこまでの光景は見られませんが、知る人ぞ知る転職サイトも、ひっそりと存在するのです。

エンジニアは無料登録必衰の「メイテックネクスト」

ページの先頭へ