世間では、SIMフリースマホなるものが、すでに登場しているのですが、私は、そのSIMフリーになる直前のiPhoneユーザーです。

よーやく、2年縛りが終わりを迎えるので、これを機に、格安SIMへと転出しようと思います。

もう、auには、いろんなことで泣かされたので、よーやく、おさらばできる2年縛り。

でも、ここで間違い起こしたら、ほんと苦い想い出でしかないですよね。慎重に調べてみました。

そもそも2年縛りって何なのか?

買う時は、説明があまりにも多すぎて、ほとんど理解できない上に、後になって忘れてしまうのですが、2年縛りそのものが、よくわかっていないものです。

2年縛られているのは、「誰でも割」なんですよ。

今、現在、auの更新期間というのは2ヶ月間取られています。この2ヶ月の間に解約しなければ、自動更新となります。

自動更新というのは、何を指しているのかですが、これは、「誰でも割」の更新のことを指しています。

「誰でも割」って何でしたかね?

誰でも割っていうのは、プランの名称です。あなたが加入しているプランが「誰でも割」の場合、2年縛りが起きているのです。

※スマホの場合は、「カケホ/スーパーカケホ」も含む。

え?私、そんなの入ったのかな?と思い出そうとする人もいますが、大抵は入っています。なぜなら、入っていると基本料が半額だからです。

解約金とか払いたくねーよ!

解約金なるものが、ユーザーとの、こじれの原因になることは明らかなのに、なぜだか昔から、この制度はあり続けます。

まあ、もうau辞める気だからいんだけどさ。

解約金を払いたくないのであれば、更新年月に解約手続きをしなければいけません。

ちなみに、この解約金ってのが、9500円もしやがるもんだから、オレンジ色を見ただけで吐き気がしてくるのです。

解約金を払わないための更新月の調べ方

もっとも厄介なのが、自分がいつ解約すればいいのかが、よくわかんないことです。謝って1日早く手続きしても解約金。余裕かまして1日遅くても解約金。

まずは、いつ自分が解約するのが正しいのかを知っておく必要があります。

更新月を調べる方法は3つある

・カスタマーセンターに電話する

確実にてっとり早いのは、やはり電話です。「157」を押せば、無料でカスタマーセンターに繋がります。

なかなか繋がらないので待たされることが多いですが、9時から20時まで、年中無休で対応してくれてることは、あまり知られてません。

・auショップでお尋ねする

近所のショップに直接行くことで聞くこともできます。土日は、とんでもなく待たされたりしますから行かないほうが良いですが、人が見えるのは安心です。

・スマホやパソコンで確認する

でも、そんな時間がなく、私と同じように、多くの人は夜な夜な調べていることでしょう。

そんな人は、スマホを使えば、いつでも調べることが可能です。

①My auのアイコンをクリックしてログインする
②ご契約情報をクリック
③回線番号を選択
④お客様情報の確認変更
⑤ご契約情報を開く

料金割引サービスの箇所に、次回更新年月が書かれています。

すげー気をつけないと罠に落ちます

調べていると気がつくのですが、私の場合は、au契約期間が2年1ヶ月目と表示されます。

「やべ?あれ?もう2年過ぎてるのではない?」

って、絶対勘違いしますよね。(悪意しか感じない)

これを今解約すると、3月なのでちゃっかり解約金が持ってかれちゃいます。あくまでも更新年月が、解約期間になるということをお間違えなく。

(追記 2017年4月)

4月中頃に、auからマイネオに乗り換えが完了したのですが、もう怒りがとまらなほどの経験をしました。結論から言えば、解約月など調べないで、今すぐさっさと辞めるほうが得でした。

【au解約詐欺】もうマジでauって会社潰れて無くなって欲しい

SIMロック解除できないauのiPhone6で格安SIMに乗り換えるのなら?