地方の正社員よりも期間工の給与で救われるという現実

非正規で働くことに抵抗のある人もいるでしょうし、周りには厳しい意見を言う人もいるかもしれません。

しかし、実際に労働でお金を得ている人は、期間工の給与であっても魅力を感じざるを得ないこともあります。

地方の中小企業の正社員で働けるとしても、30代で、年収は400万円ほどもあれば上出来なほうではないでしょうか?

世間でニュースに取り上げられる平均年収には、ほど遠いと感じながらに働いている人は多いです。

期間工の仕事は、契約の終了や、生活の不自由さなどのデメリットもありますが、全くの初めてであったとしても、そこそこに良い給与が約束されています。

何かしらの理由で職を失ってしまったけれども、とにかく今は生活のためにお金が必要であるといった場合には、助けになってきた人が居たことも事実です。

30代の期間工は意外に職場で大切にされる傾向がある

体力仕事だから若い人のほうが重宝されるものと思われがちですが、現場の人間は、30代の働き手のほうを好む傾向があります。

社会に出て間もない20代前半は、何かにつけて会社を休んだり、社会人としての体調の管理ができていない人が多いです。

もっとも困るのは、突発的に休まれることなのですが、現実にはそのほとんどは、20代の多くです。

30代で期間工に来られている方も、独身で気ままな人もいますが、仕事においての責任感においては、20代のソレとは比較にならないほどに出来ています。

現場においては、何かしらの経験を有している30代のほうが重宝されるのは、ごく自然なことなのです。