30代や40代の期間工はいるのか?

若い頃であれば気にならないことも、歳をとるにつれて周囲の視線が気になって仕方ないという人もいるでしょう。30歳を過ぎた自分が・・。40歳も過ぎた自分が・・・。同じ職場で一緒に働いていくことができるのだろうか?と。

期間工と言えば、若者を想像してしまうかもしれませんが、30代や40代の期間工は、少し現場を見渡せばいくらでも働いています。期間工は、基本的に3年が契約の限度ですから、彼らはずっと勤務しているベテランということもありません。30代になって、はじめて期間工として働くことにした人も多く居ます。

40代以上の世代は、そもそもが派遣や非正規としった時代ではなかったので、少なくも感じますが、30代の期間工は、むしろ20代と変わらないほど多く働いていると思います。

自分がやっていけるのかに不安になることはない

期間工の仕事がきついという噂は、どの会社であってもつきまとう話です。運良ければラクな仕事にあたるかもしれないですが、目一杯体力任せの工程を任されることになったら、ついていけるのだろうか?と不安になる人もいるでしょう。

もちろん40代にもなってくれば、体力の衰えは否定できません。しかし、現場の工程で作業している30~40代は主力です。極端に体力に自信が無い人にはもともと無理ですが、社会に出て働いたことのある人からすれば、できないということは無いでしょう。

正社員であっても、ずっと現場の最前線で、定年間近のなった年齢でも、なんなく作業をこなしているベテランも多くいます。工場の作業仕事は慣れが全てです。

30代や40代の期間工は意外に職場で大切にされる傾向がある

体力仕事だから若い人のほうが重宝されるものと思われがちですが、現場の人間は、30代の働き手のほうを好む傾向があります。

社会に出て間もない20代前半は、何かにつけて会社を休んだり、社会人としての体調の管理ができていない人が多いです。もっとも困るのは、突発的に休まれることなのですが、現実にはそのほとんどは、20代の多くです。

30代で期間工に来られている方も、独身で気ままな人もいますが、仕事においての責任感においては、20代のソレとは比較にならないほどに出来ています。現場においては、何かしらの経験を有している30代のほうが重宝されるのは、ごく自然なことなのです。

地方の正社員よりも期間工の給与で救われるという現実

非正規で働くことに抵抗のある人もいるでしょうし、周りには厳しい意見を言う人もいるかもしれません。

しかし、実際に労働でお金を得ている人は、期間工の給与であっても魅力を感じざるを得ないこともあります。

地方の中小企業の正社員で働けるとしても、30代で、年収は400万円ほどもあれば上出来なほうではないでしょうか?

世間でニュースに取り上げられる平均年収には、ほど遠いと感じながらに働いている人は多いです。

期間工の仕事は、契約の終了や、生活の不自由さなどのデメリットもありますが、全くの初めてであったとしても、そこそこに良い給与が約束されています。

何かしらの理由で職を失ってしまったけれども、とにかく今は生活のためにお金が必要であるといった場合には、助けになってきた人が居たことも事実です。

30代の選考は問題ないけれども40代の未経験はやや厳しい

いいことばかり書いてますが、年齢によってはやはり厳しい現実もあります。30代での採用は、主戦力としてかなりの確率で受かることが可能ですが、40代になると、大手の自動車メーカーなどでは経験者でないと受け入れてもらえないこともあります。

やはり、体力がなによりも重視されてしまいますから、40代での現場での作業は、未経験者では無理だろうという判断なのでしょうか?

30代期間工から正社員登用の一発逆転はありえるのか?

30代期間工からの逆転は珍しいことではありません。正社員登用は、ある一定の人数で行われているので、チャンスは存在するでしょう。

しかし、狭き門と言えば狭き門です。大規模な採用であればチャンスは広がりますが、現実には、年間数名の採用に数百、数千人の非正規社員の中から選ばれなくてはなりません。

大抵は、職場の中から長の推薦を受けて試験を受ける形が多いために、日頃からしっかりと業務をこなし、周囲との連携やコミュニケーションが円滑である必要もあります。

どこかしらの企業の正社員採用試験を乗り越えるよりも、難しいとも言えるでしょう。

正社員という働き方に拘りがあるのであれば、他企業の正社員求人も狙い続けることが大切です。期間工での経験は、会社によっては、我慢強く働ける人という印象を持ってくれる場合もあります。

【おまけ】●●工場で出会った上田のじっちゃん

自分の体力で期間工なんてのは、無理かもしれないと思えてくる人もいるかと思いますが、実際の現場では、定年間近の59歳であっても、バリバリの現役で働いています。

とある工場でであった上田さんは、会社の門から現場まで歩くのにも人より倍ほど時間がかかってしまうくらいに年齢を重ねていました。定年まであと3ヶ月。

しかし、歩くのですら時間がかかって仕方のない上田さんですが、自分の工程の仕事に入れば、テキパキと仕事をこなしていました。40年以上も現場の最前線にるベテランはいるのです。30,40代くらいで心配になることはいりません。慣れの問題です。

30代で行く期間工選びのコツと人気企業ランキング

30代で期間工に行くことは、恥じることも何もありません。正規の社員として企業で働いていても、期間工の給与ほども貰えない人も世間にはたくさんいます。仕事そのものは、慣れてしまえば誰でも続けていくことが可能です。

しかし、今の自宅から通える企業であれば腰もあがりやすいですが、今の街を離れて働くともなれば、働く場所も慎重に選びたいところです。30代で期間工として働くための企業選びのポイントをまとめてみます。

若すぎる会社は管理職も若い

30代と一括りにすると自分は若いと考える人もいれば、もうじき40歳になるのでと考える人もいるでしょう。30代は、一般的には最も働き盛りですが、置かれる立場は非常に複雑です。

高校新卒で入社した人も、10~20年と働いていれば、そこそこの立場で働いていることになります。あなたは30代で期間従業員として入りますが、同じ年齢で、その職場を仕切っている社員がいてもオカシクはありません。

そういったことで仕事がやりにくいといったことは、少なからずあるようで、上手に人間関係を構築できる人もいますが、それも相手によりけりですら、避けれるのであれば避けたい人もいるでしょう。

そういったことは、会社全体で判断はできないもので、職場単位で起こることですが、どうしても気になるのであれば、古くからある工場を選ぶほうが良いでしょう。

残業代は出来るだけほしい

すでに家庭を持っている人もいるのが30代。給与もできるだけ多くもらえるほうが良いと考えている人は、残業の有無も気になるところでしょう。

残業に関していえば、人気の車を生産している工場に偏っているために、有無は工場によってはっきりとしています。

また、期間工は大手自動車メーカーの求人が主ですが、それらに関係する部品メーカーも多くあります。主メーカー以上に、部品メーカーは毎日の分単位の納期をこなす必要があるために、残業は、主メーカーよりも多い傾向にあります。

給料が一番稼げる期間工はどこだ?求人企業46社を一挙比較!