一生の人生設計を考えると、年収アップやキャリアの蓄積は30代での仕事の携わり方で、ほぼ決まってくることになります。

このまま、今の仕事と職場で頑張っていくべきなのか?それとも、転職でもして進むべき道の方向を修正すべきなのか?

30代での決断は、人生を大きく左右することは間違いありません。

企業は30代の人材に大きな期待をしている

30代で転職してくる人材は、新卒や20代の辞めていく若者たちとは違い、覚悟が備わっています。

20代のような、気合いだとか、元気だとか、秘められたポテンシャルや、人間性などと言ったものは求めていません。

すでに備わっていると思われる、これまでのスキル。職種によっては、管理能力や育成の能力などに期待されています。

30代の求人は要求がはっきりとしている

30代は、仕事において最も悩ましい世代と言えるでしょう。機敏に動くことも求められますし、上司と部下に挟まれながらチームをまとめていくことも要求されます。

転職の際の面接では、これまで聞かれることもなかったような事も、聞かれるハズなので準備をしておくことが必要です。

例えば、、

  • 部下のサポートの経験や、チームとしてのこれまでの役割
  • 部下の指導や育成の経験の有無
  • 円滑な人間関係や人脈の構築
  • これまでの会社での成果や実益
  • といった風に、潜在的な能力や、やる気などよりも、実績をより具体的に求められるのが、30代での転職です。

    また、近い将来には、管理職としての社内での実力が問われてくることになります。

    仕事の内容が、未経験の業界であったとしても、管理や指導の能力を買われれば、未経験の業界でも、転職先は多く実在するのです

    30代の求人への待遇は高年収で用意されている

    外資系という言葉が日本に入ってきて以来、成果型報酬や、キャリア制度だと、待遇についてイロイロな議論がありますが、日本は変わらずのピラミッド社会です。

    国内の多くの企業は、年功序列の制度を維持したままで、30代の転職者を受け入れるには、相応の待遇を準備しています。

    日本は、転職するほどに年収が下がったり、労働が過酷になったりするイメージがありますが、それは転職に失敗しているだけです。

    実績が買われれば、年収800万や1000万円といった転職による収入アップは、用意している企業もあるのです。

    謙虚に低収入でも構わないからと、丁稚奉公な無茶な転職はしてはいけません。未経験の業界においても、あなたの強みをアピールすることで、よい転職先と高収入は手にすることが可能なのです。

    なぜ転職に失敗するのか?転職のプロはいない

    どうして転職に失敗してしまうのか?

    そんなことを考えたことはあるでしょうか?

    しっかりとキャリアを重ね、実力を伴ってきた人ほど、転職に失敗することはよくあります。

    この理由は、簡単なことで、そもそも、転職というのは圧倒的な場数をこなすことができません。つまりどうしていいのかを知らないのです。

    新卒の職探しは、2年も前からじっくりと検討をはじめ、多くの会社に目を向け、説明会に足を運び、人によっては、アドバイザーをも準備して、自分の進むべき道を探します。

    しかし、そうまでしても、3年後に離職している人は2割とも3割とも言われます。

    これだけの時間を費やして探した仕事であっても、3年で離職をしていくのです。

    転職においては、そんな時間を費やすことは、ほぼ不可能です。今の仕事を続けつつ、より良い条件の求人を探すであったりしなければいけないのです。

    転職は、幾度も繰り返しできることではありません。ほとんどの人は、転職においてはド素人なのです。自らが転職のプロフェッショナルは存在しません。

    失敗が許されない転職でありながら、素人知識で転職に挑戦するのは、もはや負け戦なのです。

    転職はエージェントのアドバイスを活用する時代

    転職を経験したことのある人は、その労力と苦労をよく知っています。

    求人をチェックして、職務経歴書を作成し、面接のための準備や電話での応対など、現在の仕事を続けながらに、転職活動をするというのは、容易なことではありません。

    そうしたなかで、転職に成功している人の多くが、「転職エージェント」を活用しています。

    企業によっては、優秀な人材の引き抜きや、ヘッドハンティングにも積極的ですが、それらの仕事は自社で行っているワケではありません。

    必要な人材を確保するためには、企業も採用のプロに委託しているということです。

    求人において、条件の良い案件は、一般で大きく広く募集をする前に、こうしたエージェントたちの手に先に委ねられているのです。

    つまり、エージェントは、あなたの転職にアドバイスや助言をすると同時に、タイムリーに企業がお金を出してでも欲しい人材の案件を抱えています。

    それを橋渡しすることが転職エージェントの仕事なのです。

    転職は、一昔前とは、すでにやり方やルールが変わってしまっていると言えるでしょう。

    現代社会において、条件のよい転職を成功させるのに、転職エージェントは欠かせないと言えます。

    転職エージェントに登録しよう

    転職は思い立ったが吉日です。明日すぐに会社を辞めるなんてことはバカげていますが、自らアンテナを高くしておくことは大切です。

    転職は、あくまでも相手の企業ありきですから、求人とのタイミングが最重要になります。

    あなたがここぞと思うような条件の求人も、昨日締め切られていたり、受け入れる人が決まっていれば、チャンスはありません。

    転職エージェントへの登録は、思い立ったが吉日なのです。

    自分の希望に合うエージェント

    転職エージェントへの登録は無料です。登録することで、あなたが希望する求人の情報をメールなどで受取ることが可能になります。

    転職エージェントも、それぞれの業界に特化した様々な会社がありますが、まずは国内大手の転職エージェントなどに登録されてみると良いでしょう。

    国内でも最大手と言えば、DODA(デューダ)パソナキャリアでしょう。

    それぞれのサイトに掲載されている、取引先企業の一覧でも、誰でも知っている有名な企業がズラリと並んでいます。

    業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

    良い条件で転職を果たすためには、早くから情報にアンテナを立てて、ここぞという企業との面談にいつでも望める体制でいることです。

    なんとなくで探して、お試しで面接へなんて考えでは、転職はできません。あなたの他にも、もっと真剣に早くから転職に備えている人は多くいます。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でmasato12100をフォローしよう!

    コメントをどうぞ