長く勤める気はないのだけれど、そこらへんのアルバイトよりは、断然割がいいので、3ヶ月くらい働いてこようかな?と考える人もいるでしょう。

短期期間工として働く上での知っておきたいことを書いてみました。

面接で正直に言うと落ちるかも

期間工と言っても、雇い入れる側は、できるだけ長く来てくれる人を探しています。3ヶ月だけ働きますなんてことは、採用の面接などでは言わないほうが良いです。落とされることもあります。

契約の期間に注意しないと損をする

期間工も雇用契約が必要です。会社や契約の内容によって、満了金などの貰えるお金がそれぞれに異なります。3ヶ月しか行く気がないのに、半年の契約などで入社すると、オイシイ手当てが貰えなくなることがありますから、行き先はよく見定めておきましょう。

全力で休んではいけない

期間が短いので、満了金の条件は確実に満たしておきたいところ。お休みすると貰えなくなるので、普通のアルバイトと変わりないとなることもある。

職場では短期に消えることを言わないこと

自分の中では、3ヶ月だと決めていても、配属された職場では安易に口にしないようにしましょう。すぐに居なくなるヤツだと思われると、その瞬間から、どうせ居なくなるヤツだからと、いちいち相手にされなくなります。孤独な3ヶ月は意外に長いです。

3ヶ月だけというなら期間工よりも派遣で探すほうが良いかも

3ヶ月だけ行こうという考えの人は、おそらく、その期間従業員先での社員登用なんてのも、あまり考えてはいないでしょう。

期間工の仕事は、大手自動車メーカーの直接雇用が魅力とも言えますが、期間工にとってはそれが大きなメリットになるというワケでもありません。

人間だかロボットだか、わらからないような歯車のひとつになるワケですし、大きな会社ほど、クセのある人間が多く、人間関係が上手くいっていないものです。

3ヶ月や半年だけと考えているのであれば、私はどちからといえば、派遣のほうがオススメです。

下請けの部品会社や、部品製造の工場などのほうが、ずっと職場の環境が良かったりするからですね。付き合いやすい人が多いです。

給与も、そんなに変わるものではないどころか、場合によっては、派遣のほうが良いこともあります。短期でも最も稼げるのは期間工だと思っているのであれば、それは少し間違っていますね。

スマートジョブズ工場ワークスなどで、給与の良い派遣を調べてみるとわかります。

3ヶ月だけとは言うが人生のチャンスはそこかしらにあるもの

最後に、個人的な意見ですから、読み飛ばしてもらっていいのですが、私は、3ヶ月だけ期間工に行こうというのはオススメしません。

どうしてもお金が必要だから仕方がないということであれば、それはまた必要なことなので仕方ないですが、なんとなく、まとまったお金が欲しいからとかという理由であれば、できるだけ行かないほうがいいです。

そもそも、期間工の仕事というのは、世間ではキャリアには数えて貰えません。実際には、とてもハードな仕事で、半年、1年と続けるには大変なのですが、経験の無い人には、それらはわかりません。

3ヶ月だけ行ってきましたというのは、履歴書に書くにも書きにくいだけです。リゾートバイトのように季節が割り切られているワケでもありませんから。

結局は、仕事を探すにしても、同じように履歴書を書き、面接を受けるという過程はあるのです。だったら、もっと自分の将来に、今、向き合ってみるべきです。

期間工の仕事は、あまりに人手が不足していて、常に募集があり、待遇もそこそこに良いものです。言い方を変えれば、いつでも行けます。

少しでも、まだ、生活や貯金に余裕があるのであれば、正社員の仕事を探してみるべきです。そして、安易に期間工に来ている若者たちほど、世間知らずで、もっと、条件のよい仕事があることに気がついていません。

チャンスはそこかしらにあるものなのです。ぜひ、次の記事も読まれてみてください。

期間工や派遣は優秀な人材なのに自分の売り先を知らないから損して生きている

勝ち組み期間工はまず楽な工程に配置されているその方法とは?


◆正社員の仕事はエージェントでらくらく見つかる

リクルートエージェンシーが選ばれる3つの理由

・求人の件数も内定数も圧倒的に1位
・利用した人の6割近くが年収アップした
・経験豊富なスタッフによる充実サポート

国内で最も古くからある人材事業の大手企業ですから、エージェンサービスへの取り組みも他よりも一歩先を行ってるとも言えるでしょう。

圧倒的な求人数の中には、外資系、公務員、IT、技術職、士業など、バラエティ豊かな業種が揃っています。

リクルートエージェント転職支援サービス公式サイトはこちら

スポンサーリンク