長く勤める気はないのだけれど、そこらへんのアルバイトよりは、断然割がいいので、3ヶ月くらい働いてこようかな?と考える人もいるでしょう。短期期間工として働く上での知っておきたいことを書いてみました。

期間工が3ヶ月で貰える給与は

期間工は割のいい給与が魅力です。自動車メーカーの期間工であれば、時給で1400~1500円程度になります。期間工は、そのほかにも手当てを貰える仕組みがあります。

期間工は時給も割がいいものですが、それとは別に様々な手当てが用意されています。

きちんと勤務を真っ当することで、満了金と呼ばれる手当があるのが大きな特徴です。

満了金は、一定の契約期間仕事を終えることで貰うことができます。トヨタ自動車などにおいても、3ヶ月の満了金が用意されています。

短期契約なら入社祝い金も見逃せない!

ここ最近は、人手が不足していることもあり、企業によっては期間工に入社祝い金を用意していることもあります。

特に急を要しているせいか、自動車メーカーによっては、入社祝い金として40万円が支給される会社もあります。

これらの祝い金も、実際には3ヶ月後にしか貰えないものだったりするのですが、日給とは別に3ヶ月で40万円が別の手当てとして貰えるとなると、いかに割のいい仕事かがわかるかと思います。

【参考リンク】

・期間工の入社祝い金!最新情報はこちらから

面接で正直に言うと落ちるかも

期間工と言っても、雇い入れる側はできるだけ長く来てくれる人を探しています。3ヶ月だけ働きますなんてことは、採用の面接などでは言わないほうが良いです。落とされることもあります。

契約の期間に注意しないと損をする

期間工も雇用契約が必要です。会社や契約の内容によって、満了金などの貰えるお金がそれぞれに異なります。3ヶ月しか行く気がないのに、半年の契約などで入社すると、オイシイ手当てが貰えなくなることがありますから、いく先の会社の条はよく確認しておきましょう。

全力で休んではいけない

期間が短いので、満了金の条件は確実に満たしておきたいところ。お休みすると貰えなくなるので、普通のアルバイトと変わりないとなることもある。

職場では短期に消えることを言わないこと

自分の中では、3ヶ月だと決めていても、配属された職場では安易に口にしないようにしましょう。すぐに居なくなるヤツだと思われると、その瞬間から、どうせ居なくなるヤツだからと、いちいち相手にされなくなります。孤独な3ヶ月は意外に長いです。

3ヶ月だけというなら期間工よりも派遣で探すほうが良いときもある

3ヶ月だけ行こうという考えの人は、おそらく、その期間従業員先での社員登用なんてのも、あまり考えてはいないでしょう。

期間工の仕事は、大手自動車メーカーの直接雇用が魅力とも言えますが、期間工にとってはそれが大きなメリットになるというワケでもありません。

人間だかロボットだか、わらからないような歯車のひとつになるワケですし、大きな会社ほど、クセのある人間が多く、人間関係が上手くいっていないものです。

3ヶ月や半年だけと考えているのであれば、派遣で自動車工場へ行くことも視野にいれておく必要もあります。

下請けの部品会社や、部品製造の工場などのほうが、ずっと職場の環境が良かったりするからですね。付き合いやすい人が多いです。

給与も、そんなに変わるものではないどころか、場合によっては、派遣のほうが良いこともあります。短期でも最も稼げるのは期間工だと思っているのであれば、それは少し間違っていますね。

スマートジョブズ工場ワークスなどで、給与の良い派遣がないか調べておきましょう。

同じ工場へ行くにも期間工と派遣では条件が違うこともあります。上で紹介したサイトと、期間工の最新情報がわかる期間工.jpなどをしっかりと見て比較してあなたの条件に合う求人を見つけましょう。

期間工の求人で絶対に損しないために知っておきたいこと