空前の人手不足で正社員の枠はどこらじゅうにある

人手不足は想像以上に深刻化しているのを感じています。派遣や期間工の仕事には、入社祝い金なるものまで用意して、労働力の確保に必死なことが伺えます。

それと同時に感じていることは、正社員の枠も確実に増えているということです。企業も必要な労働力を確保するためだけの採用は、数年後の会社の行方を狂わせてしまうことに感づきはじめています。

非正規で悔しい思いをしてきたあなたにとっては、今は絶好のチャンスだと捉えるべきです。

派遣や期間工は仲間だと思われていない

派遣や期間工で職場に行くことになり、私は今でも当時の歯がゆさというか、悔しさというかを覚えています。

大企業に労働の手数として入ると、全くといっていほど、意見は聞きいれてもらえません。それが、どんなに効率的であったり、原価低減に貢献するような意見であったとしても、全くというほど聞き入れてもらえることはありません。

理由は、経験した人であれば誰でも知っています。

「派遣が何か言ってるぞ」って思われて終わりなのですよ。同じ職場にいるだけで、一緒に闘っている仲間ではないのです。非正規ってそういう立場です。

郷にいれば郷にを教育されてきている子たち

昭和産まれのおじさんたちは、もっと情があったりもしましたけれど、今どきの若い子たちは、ほんと驚くほどに乾いています。

そんな歯がゆい思いをしていても、胸グラ掴んで言い合いになるなんて場面は、滅多に起きません。昔は、ほんと多かったんよ。

そういう風に教育されてきているだろうし、まあ、胸グラ掴むってのは、人としてはあまり褒められたものではありません。

それは、どちらでもいいことなのですが、そんな環境に馴染んで慣れてしまうことは、自分の将来を明るくしてはいないということです。

あなたが悪いとは私も思いません。黙って言われた通りに働くようにと教育されてきたのです。「平成産まれ」だとか、「ゆとり」だとか、あなたが決めたことではなく、先に生まれた大人たちが作ってきたものですから。

条件の良い給与があなたの初心を狂わせてしまっている

もっと問題なことは、非正規であっても、そこそこに生活ができるほどに給与が貰えるということです。

私が若い頃には、社員でない人は、フリーターであるか、今で言うところのニートにしか属しませんでしたが、今は非正規にも、派遣だ期間工だと多種多様に生き方があります。

フリーターで手取り20万円を確保するのは、ほんとに身をこなごなにしながら働いていましたから、正社員の仕事に就くための行動を何かしらしているのが普通でした。

求人はいつも調べているし、履歴書は、暇なときに何度でも書き直しをしていましたよ。

ですが、今の期間工や派遣の仕事というのは、歯がゆい思いも我慢さえしていれば、そこそこに生活が成り立ってしまいます。

新卒の正社員よりも給与が良かったりしますから、職場や立場の不満を、一旦自分で受け入れて我慢できるようになると、割りと楽しいく生活できてしまうのですよね。

同僚と同じ寮で暮らしながら、愚痴を言い合って、酒飲んで遊んで。あの悔しかった初心忘れてないですか?

就職ってそんなにカンタンでしたか?転職はもっと大変なんです

社会に出るときから、内定を貰ったことの無い人もいるかと思いますが、過去に会社に就職をしたことのある人であれば判るはずです。

就職するってそんなにカンタンなことでしたか?

1年も2年も準備をしてきた人もいるでしょうし、何十社と面接会場に足を運んだ人もいるでしょう。

努力している人は、面談の方法ですらお金を出して習いに行った人もいるそうです。正社員になるってそういうことでしょ?

私も、何度か経験してきましたが、転職っていうのは、もっと大変なんですよ。限られた時間の中で、休みを潰して面談にいって、どういった努力を惜しまないひとたちをライバルにまわしながら、新しい条件の良い職を狙わなくてはいけないワケです。

もう、あの悔しさを忘れてしまった人には、そんな努力はできないと思いませんか?

腰が重くなっている人は、非正規の絶望的な未来すら考えないようになってませんか?

正社員の枠はある!非公開案件と良きアドバイザーを味方につけよう

地元の数少ない求人を見て、自分の未来を諦めないで欲しいのです。本当に条件の良い求人は、本気の人だけを相手に用意されているものなのです。

企業が人を求める方法も、昔とは同じではありません。低コストで求める人材を確実に確保していくためには、無駄な求人広告は行われていません。

大企業が、新聞に求人広告を使うと、何千名というエントリーが届くために、人事にはとんでもない経費がかかるのです。

50名の求人に1万名のエントリーがあったりすれば、どれだけのコストが奪われるか想像できますよね?

企業は、転職に本気な登録者の中から探すほうがずっと効率的なのです。だから、大企業の求人は、転職エージェントの登録が入り口になっているのが常識です。

自分の希望に合うエージェント

転職エージェントへの登録は無料です。登録することで、あなたが希望する求人の情報をメールなどで受取ることが可能になります。

転職エージェントも、それぞれの業界に特化した様々な会社がありますが、まずは国内大手の転職エージェントなどに登録されてみると良いでしょう。

国内でも最大手と言えば、DODA(デューダ)パソナキャリアでしょう。

それぞれのサイトに掲載されている、取引先企業の一覧でも、誰でも知っている有名な企業がズラリと並んでいます。

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」

良い条件で転職を果たすためには、早くから情報にアンテナを立てて、ここぞという企業との面談にいつでも望める体制でいることです。

なんとなくで探して、お試しで面接へなんて考えでは、転職はできません。あなたの他にも、もっと真剣に早くから転職に備えている人は多くいます。