住宅ローン控除のために必要な書類の中に、登記事項証明書なるモノが要るらしい。

確か、マンション買ったときに、司法書士さんが、超高額な手数料で不動産登記ってのをしてくれたのだけれども、アレのことなんだろうか?

引っ張り出して確認してみると、全部事項証明書なるものも入っていたので、取り寄せる必要は無いといえば無いのだけれど、、、。

いや、なんかホッチキスでとまっててビリっって破れたやないかーー!

まあ、こういったのは一応ひとつくらいは手元になったほうが安心なので、この機会に一通頂いておくことにしました。

登記事項証明書はどこで取るのか?

登記事項証明書は、「法務局」っていう、なんだか聞き慣れないお役所で手続きをして貰うことができます。

私が住んでいる場所での管轄でいえば、福岡法務局八幡出張所ってとこ。

私は、過去に金融のお仕事をしていたので、幾度か足を運んだことがあるけれど、一般的には馴染みがないはずです。

なんだか、ややこしそうな感じですけども、区役所に住民票取りに行くようなものだから、大したことではないのですが・・。

が!

昨今は、登記事項証明書をインターネットで手続きして郵送してもらえるそうなのです。だったら使ってみないとね。

登記供託オンライン申請システム

さて、どこからお取り寄せが可能なのかを調べてみますと、ココでした。

・登記供託オンライン申請システム

さくさくっとカンタンにできるものかと思いきや・・。この先、人生でもう一度使うことがあるのかはわかりませんが、ユーザー登録をするところから必要なようです。

こういうとこで、マイナンバーとか使えればいいのに。

さて、仕事のデキる司業とかではない、ただの工場勤務な私がユーザー登録しましょう。

オンライン申請の手順

ユーザー登録の仕方

まずは、左の青いバナーの「申請者情報登録」をクリックします。

ざーっと同意書が出てきますので、同意をクリックしましょう。

申請者情報新規入力の画面に変わります。

これらの項目を入力していきましょう。

・申請者ID(自由に決める)
・パスワード(自由に決める)
・氏名
・フリガナ
・郵便番号
・住所
・連絡先
・メールアドレス
・質問
・答え

職業とかは空欄のままでOK。必衰の項目だけ入れておけばいいです。

内容の確認をして進めていきましょう。

この画面が出れば、一旦、仮登録が終わりです。あなた当てへメールが送信されます。

メールには、30分だけしか使えない認証番号が記載されています。この番号を入力すれば、ユーザー登録は終わりです。

登記事項証明書の申請のやり方

ユーザー登録が終わったら、さきほど作ったIDとパスワードでログインしましょう。

登記事項証明書の申請は、「かんたん証明書請求」の青いバナーをクリックします。

お目当ての場所の登記事項を探すワケですが、自分の家の場合は、右側の「直接入力する」からのほうが早いです。住所もわかってますからね。

ここで取り寄せたい登記事項証明書の請求をするのですが、不動産番号がわかっている場合は、それを入力するほうが早いです。

不動産番号は13桁でできています。登記をしてもらった際に、登記識別情報通知というモノを頂いているはずなので、そこに記載されているはずです。

番号の順に入力していきましょう。

1.物件情報 ▼不動産番号指定
2.不動産番号を入力する
3.登記所読込をクリック
4.登記事項証明書を選択
5.全部事項

あと、画面切れてますけど、一番下に必要枚数も選択があります。

あとは、こんな感じで進んでいけば申請は終わりです。

さて、ここまでは申請で、この登録事項証明書を送ってもらうなり、取りにいくなりしなくてはいけないのですが、それはお支払の手続きと一緒にすることになります。

お支払もそのまま電子納付

申請だけが終わっても、証明書は届きません。支払いや受取りの方法を選択まで終わらせておく必要があります。

トップページから「処理状況照会」をクリックしましょう。

さきほど、申請した証明書の申請番号が載っています。

この一番右の「納付」をクリックすると、手数料の支払いが電子納付できます。

ペイジーの決済画面へと進みます。オンラインバンクを使っている人は、ここから納付が可能です。


私は、みずほのオンラインを使ってますので、そこから手続きします。

これで、ミッションコンプリートです。後は、届くのを待ちましょう。