仕事の内容や人間関係は一旦置いておいて、自動車工場の期間工も、見方によっては良いところもある。

ブラック企業が、何かと問題に取り上げられることもあるけれども、飲食などのサービス業の世界とは違い、製造の仕事は休みや給与に関しては、しっかりしていると言えます。

法律は遵守する自動車工場で給与未払いは無い

仕事は秒単位で管理され、みっちりと働かされるワケですが、期間工にサービス残業を押し付けたりということは、まずもってありません。

しっかりと時間いっぱい働くが、終わりの時間になれば、きっちりと仕事を終えて帰ることができます。

よく、給料が払って貰えないだとか、勤務時間を正しくつけて貰えないだとか言ったことが、ブラック企業の問題として挙がりますが、自動車工場の期間工では、ほぼあり得ません。

急に休日出勤を要求されることはない

休日も、土日は休み。会社カレンダーには、今年度の大型連休も決められていて、予定通りに休みがきます。

生産が多く、どうしても追いつかない場合には、土曜日は休日出勤になることもあるが、突然、明日に出て欲しいと言われることはありません。

事前に挽回計画という形で、1~2ヶ月先のどこかの土曜に出勤をお願いされることはありますが、休日出勤手当もしっかりと受取ることができる。

結構いい手当てになるので、特に用事がなければ、タマには休日出勤でも悪くはありません。あまり続くと、気力も下がって、うんざりしてきますが・・。

お金で会社と揉めた人にはわかります

ここで書いたことは、当たり前のことのように思えるかもしれませんが、実際の小企業では、給料を待ってくれだとか、未払いの問題だとかは、よき耳にする話しです。

私も、若い頃に、とある会社で経験しましたが、会社とお金で揉めることほど厄介なことはありません。

安心して働くためには、給与と休日は、何を置いても曖昧であってはいけない外せない条件だと思います。

期間工の求人で絶対に損しないために知っておきたいこと