求人の広告などでもよく見かけますが、「期間工で働いてお金を貯めよう」みたいな話しよく聞きますよね。

働いていれば、無駄使いしなければいいってだけの話しなんですけど、期間工って、実はお金貯めやすい理由もあります。

なんと言ってもお給料が良い

貯金しようなんて言っても、お金が入ってくることが前提ですからね。やっぱり、お給料は多いほうがいいです。

地方の高卒新入社員が最初に貰えるお給料なんて、月給で20万円もあればいいほうですが、期間工はもっと貰ってます。

自動車工場の期間工は、年間で400万円くらいの収入になる計算になります。

地方の高卒の新入社員が、地元の製造工場などに就職しても、400万円を初年度から貰えるような会社は、数えるほどしか国内には無いのではないでしょうか?

若い子が、正社員なんてバカらしいと思ってしまうのも、ほんとわかりますよね。

寮費と光熱費が無料だったりする

最も貯金に貢献してくれるのは、寮費と光熱費が、ほとんどかからないことです。

例えば、トヨタ自動車の期間従業員は、寮費、光熱費は無料です。

トヨタ市は、お世辞にも都会とは言えない場所ですが、物価は驚くほどに高い町でした。

普通に自分で部屋を借りるとなれば、5万円は持っていかれます。これに、電気や水道も自分で負担すれば、結構な生活費です。

一般的には、それは学生でも払っている、当たり前の生活費なのですが、期間工はこれを丸々節約できるのが利点です。

あまり耳にしなくなりましたが、「出稼ぎ」として期間工に来る人が多いのも、稼ぎ先での生活費がかからないメリットがあるからです。

仕事は送迎あり

期間工は、会社によっては、車を持ち込むことができません。この時代に車を持てないというのはイケてない、、といよりも、車の工場で働くのにダメなの?って疑問もありますが。

寮と勤務先の往復は、バスやワゴン車などで送迎してくれるのが期間工です。

通勤にかかる電車代やガソリン代が不要になりますし、決まった時刻に送り迎えされる為に、寄り道することがありません。余計な無駄遣いも避けることができます。

食費は安いとは言えないが

朝、昼、晩を、寮や会社の食堂で賄うことができます。

食事代は安いとは言えないですが、それでも外食やコンビニのお弁当と比べれば、いくらかは節約になります。

寮は自炊には向いていないのですが、お米を炊いたりしながら、食費も抑えるようにしている人も多くいます。

田舎すぎて無駄使いしようが無い

実は、これが大きいのではないかという感じもしますが、自動車関連工場の多くは、田舎です。

寮周辺が、そこそこ栄えているような場所もありますが、コンビニすらないような寮に居る人も、たくさん居ます。

少し羽目を外してお金を使って遊ぼうと思っても、何も無い・・ってこともあります。

ただし、反動で、思い切りお金を使ってしまう人も多く居ますので、自重できるかは人次第ですね。

デリバリーは寮には呼べませんから、わざわざ新幹線にまで乗ってでかける人も居ますから。

満了金は退職金のようなもの

期間工には、その期間を乗り切る・・いや、やりきると満了金なるものが用意されています。

3ヶ月程度では、数万円しかないこともありますが、2年、3年と続けている人には、100万円が用意されていることもあります。

最後の最後にまとまったお金が入るので、無駄使いせずにお金が入ることになります。

手取りは25万円だが一月で使うお金は5万円だけ

期間工で、月に20時間くらい残業を含めれば、手取りのお給料は25万円くらいになるでしょう。

けれども、寮費や光熱費、通勤もお金がかかりません。

毎日の食事にかかるお金と、息抜きに少し遊びに出かけることがあったとしても、月に5万円程度しかお金を使わないで生活が成り立つそうです。

無駄にギャンブルやお酒にお金を使わない節約できる人であれば、半年で100万円貯める人も珍しいことではありません。

将来のために、お金をためたい人には、期間工という選択も良いと思います。

▼▼もう非正規は終わりにしよう!

スポンサーリンク