期間工の求人はアウトソーシング先を使わないと大損します

これから期間工の求人に応募する人には、絶対に見落としてはいけないことがあります。

それは、期間工.jpを介して求人に応募することです。

期間工の求人は、興味を持っている人の目には、至るとことで目につくかと思います。

求人誌には大きく掲載されていますし、フリーペーパーや新聞でも目にする機会は多いでしょう。

また、ハローワークにおいても、期間工は生活の自立が立てやすいために、積極的に紹介されている印象もあります。

しかし、そのどれもが同じ条件だと思っていないでしょうか?

実は、窓口が違うと、最初に準備されている待遇が異なることがあります。期間工.jpのサイトを介したほうが圧倒的に入社祝い金で得をするのです。

マツダの入社祝い金45万円はどこから出るのか?

2017年9月現在の期間工求人で、もっとも注目を集めているのは、マツダの求人です。

選考会参加費と入社祝い金とを合わせるだけで45万円もの特別待遇が準備されています。

ところで、この入社祝い金は、どこから支給されているものか知っていますか?

下の画像は、マツダの募集要項に書かれているものをキャプチャーしたものです。募集要項をしっかりと見てみましょう。

※期間工.jpのマツダ期間工募集ページより




大事な部分を抜粋しますね。

★選考会10万円支給

★入社祝い金 20万円支給
(9月末まで選考入社の方)

★入社祝い金 15万円支給
(雇用先から15万円支給)



この入社祝い金は、期間工.jpを介して求人に応募した際に用意されているものです。

マツダが期間工に入社祝い金(生活準備金)として、用意されているのは、この内の15万円です。

30万円の入社祝い金は、求人の業務を委託されているアウトソーシングから出されるお金です。

もちろん、それを知らずに、マツダい直接に履歴書を郵送すると、この30万円は貰えません。知らないだけで、損失は大きいです。

これは、マツダだけに限ったことでなく、他の自動車メーカーでも同様のことが起こる時期があります。

トヨタや日産の求人も、必ず期間工.jpのサイトを一度確認して、待遇や条件を見ておかなくてはいけません。

どうして期間工.jpが入社祝い金を出すのか?

近年の大企業の求人は、全てを自社で行いません。選考や面接は、人事の仕事になりますが、求人募集に関しては、広告費を払って社外へ委託するように変わってきました。

委託された企業は、働き手を確実に確保するために、あらゆる広告を使いますが、一任された広告費は、入社祝い金を独自に準備して上乗せすることができるのも、委託された企業の広告費の使い方のひとつになります。




入社祝い金が違う!「期間工.jp」のサイトはこちら