期間工という仕事は決して楽ではない

非正規だからとか、期間工だからとか、そういったことで自分を下げずむ必要はありません。

また、そういった人たちを見下す人も、実情を知れば考えが変わるのではないかと、私は思います。

そもそも、期間従業員という仕事は、決して楽ではありません。そのうえで、決して便利が良いとはいえない地域に、単身で移り住み、不自由な生活をするのです。

誰でも自分から意を決して行けるものなのでしょうか?

続けていくことは簡単ではない

仕事は基本的にはお金のためだという考えの私でも、やはり仕事がつまらないとか、やり甲斐が欲しいという欲求はあります。

単純にお金のためだと割り切るのは、そう簡単なことではないのです。

増して、期間が区切られていることの中で、そこで何か上を目指せるワケでもありません。

実際に、すぐに逃げ出したり、バックれてしまう人も、少なからず居ます。

もしも、仕事を続けることができているのであれば、それは、しっかりと自立しているという認識を自分で持つべきです。

乗り越える力をすでに身につけている

働いて生きていくことは大変なことです。非正規であるがゆえの不安というものもあるでしょう。

しかし、現実に、あなたは自立して生きているのです。もう少し誇ってみても良いはずです。

不安定な仕事だとか、将来を見据えていないだとか、イロイロと周囲は言うかもしれないですが、あなたは、すでにそれを乗り越えているのです。

次に、何かしらのチャンスが、あなたに訪れたときには、きっと乗り越える力が身についているはずです。

期間工の求人で絶対に損しないために知っておきたいこと