派遣の仕事はこの先もしばらくなくならない

派遣という仕組みそのものがバッシングされることは、これまでも何度もあったけれども、現実には正規雇用は年々減っていくばかりです。

そもそも、働き方が変わったというような風潮を無理やり作っているだけで、私は企業の雇い方が変わったというのが本当のところだと思っています。

時代のあらゆるものの進化が早いので、会社も柔軟にああゆる対応をしてなくてはいけません。

設備に投資できないこの時代に、人を柔軟に雇ったり、雇いとめることができるのは、企業の存続には大事なことなのです。

この先も、当分は、派遣の仕組みは生きつづけることになるでしょう。

何も不安も感じない30代と突然に居心地が悪くなる40代

このまま派遣だけで生きていけるのか?ということに、どの年齢で向き合うのかも大事です。

今の派遣の給与や年収は、20代であれば文句はさほど出ないでしょう。

高校を卒業して、地元の大手企業に入ったとしても、派遣の給料ほども無いことは、たくさんあります。

20代のうちは、派遣という環境は、そこまで悪いものではないのです。

その流れで30代になっていくと、気がつけば同級生たちと、生活が違ってくることに気がつきます。

先に言った給料の少なかった20代の若者たちも、気がつけば自分を追い越して年収500万円なんてヤツも出てきますからね。

それでも、独身であれば、派遣の仕事で充分に喰っていけます。

30代は、世間への常識も出来上がりつつ、もっとも働き盛りとも言えますから、企業としては、派遣で来てもらえるにはありがたいことです。

しかし、40代になってくると状況は一変してきます。

同じ年の上司たちに、職場の中で好きなように使われることにストレスを感じるでしょう。

体力も衰えてくることで、ついこの前まではなんともなかった仕事が、思ったようにできなくなってきます。

出来のいい20代の派遣が入ってくると、同じ給料で同じ仕事をしてもらえるのであれば、20代のほうが何かと物も言いやすく体力もあるので、何かと比較されることもあるでしょう。

最低限に生きていける仕組みでしかない

派遣のままで生きていけるのか?は、まだ誰も答えを知らないと思われます。

派遣のみで生きてきたであろう人の最前線は、まだ40代中盤の世代あたりでしかないからですね。

派遣の仕組みというのは、実によく出来ています。

その時代に合わせつつ、最低限、自立して生活できるであろう給与や待遇を用意されています。

喰うには困らないとは言いますが、本当にそれだけな感じもします。

現場を見渡してみると、40代で現場で見かける派遣の方は少なくなりました。

よく見渡してみると、それぞれの道へと進んでいったことに私も気がつきました。

正規だ、派遣だというのは、一旦置いて、自分の道として今から何をすべきかを考えてみるのもいいかもしれませんね。

30代で転職に成功させる人は転職エージェントを上手く活用している

スポンサーリンク