工場や病院などで働くと、「夜勤」は当たり前の業務で、働く前からそれはわかっていることなのですが、この辛さは、実際にやってみてからでないと気がつかないものです。

どうしても馴染めない人というのは、一定数居るもので、自ら会社を辞めていく人もいますが、大抵の場合は、我慢して無理をして働き続けているはずです。

いつか慣れるとは言うものの、その健康リスクについてあなたは考えていますか?

人は夜に休む生き物

人間は本能的に陽が登っている間に活動して、陽が沈む間に休息をとる生き物です。夜勤がキツイと感じたり、辛いと思っている人は、あなた以外にもたくさん居ます。

まずは、自分だけが、いつまで経っても夜勤に慣れないことに悩まないようにしましょう。

工場のお仕事は昼も夜も同じ

夜勤にもいろいろなパターンがあります。基本的には、夜は待機することが仕事の職種もあれば、夜も昼も関係なく同じ仕事をすることもあります。

工場の仕事の場合は、仮眠があるワケでもなく、深夜であっても、昼間と同じように身体を酷使しまうから、夜勤に慣れないというのは、ある意味で自殺行為とも言えます。

生活リズムが上手にとれない

夜勤でも平気だという人ほど、上手に生活リズムをコントロールしています。自分が休息するのに必要な睡眠時間も、意識していないながらも上手に取れているのでしょう。

夜勤が苦手な人は、このリズムが上手に取れない上に、それに焦りを感じたり、ストレスを抱えてより眠りにつきにくい心理になっています。しかし、意識すればするほどに難しいものですから、完上げすぎないようにしましょう。

上手に休息が取れないときは休めばいい

眠れないままに夜勤を続けることは、言うまでもなく、健康のあらゆるリスクがつきまといます。

本人もわかっていることですが、上手く休息が取れないことは、仕方がないことですから、悩むのはやめましょう。

カラダがどうしても冴えないのであれば、その日は、会社に行くこと自体を辞めればいいのです。休みましょう。

休むのはよくないはあなたのカラダに良くない

当然のことですが、そんなカンタンに休めるワケはないという人がいます。もちろん、いつもいつも休んでいては、あなたの社内での信用や評判も失うことになるでしょう。

しかし、無理して働き続けると、いつしかカラダを壊して、結局は休むことになります。単純に後者のほうが言い訳もたつし、休みやすいかもしれないですが、結果として損をしているのは、カラダを壊すほうであることは覚えておきましょう。

板挟みの気持ちで心の病にかかることもある

自動車工場は、心の病にかかる人も少なくありません。会社を休んではいけない。他に迷惑をかけてはいけない。そんな自分に厳しい姿勢も、あなたが病気になってしまえば、結局のところは心配をかけることになるのです。

スポンサーリンク