出稼ぎで期間工へ行くならどの会社にするべきか?

できることなら、地元で安定した仕事があれば良いのですが、いろいろな事情もあって、出稼ぎをせざるを得ない人もいるでしょう。

出稼ぎといえば、田舎から大都会へというイメージもありますが、自動車会社の期間工へ出稼ぎでやってきちるという人も、幾人かは居ます。

出稼ぎで期間工をするに、どの会社へ行くべきか悩んだときに、求人で見ておきたポイントについて書いてみました。

出稼ぎ期間工は求人のココを見落とさないで

・給料

まずは、何よりも給与ですよね。給与は、いわゆる基本的な部分をまず見ることになります。はじめての経験で日給が1万円以上は、かなり高待遇と思ってよいです。日産などは時給で給与が設定されています。1400円は欲しいところです。

この基本の給与に、自動車会社では、残業手当や深夜手当といった割増給与があります。同じ時間で働くにしても、日産などの工場は、深夜に働く時間が他の会社よりも多いので、割増分が多くなる傾向があります。

・寮費無料

期間工の場合は、どの会社の募集であっても、大抵は寮費無料です。出稼ぎで来るとなると、自宅は、地元に別にあるでしょうから、コチラの生活費はできるだけ無駄なくしたいものですよね。

寮費だけでなく、光熱費なども無料の寮が用意されているほうが良いでしょう。

・満了金

期間工は、契約期間が存在します。ある一定の期間、問題なく勤めあげることで、満了金が用意されています。

満了金に関しては、会社や時期によって様々ですが、出稼ぎの場合は、こちらで働くことのできる期間というものがあるでしょう。

3ヶ月から満了金が出る会社もあれば、半年後でないと出ない会社もあります。あなたの都合に合わせて、満了金がより多く準備されている会社を選びましょう。

・入社祝い金や赴任旅費

満了金という言い方とは別に、入社祝い金という形で3ヶ月後にボーナスが支給される会社もあります。言い方や、貰える時期がそれぞれなので、給与や満了金を総合的に比べることが必要になりますね。

また、赴任する際の交通費や、引越し代の一部を負担してくれる会社もあります。

出稼ぎは、私生活でも節約と我慢を強いられますから、いろいろと大変でしょう。少しでも良い条件で、いい求人にエントリーするようにしましょう。

期間工や派遣は優秀な人材なのに自分の売り先を知らないから損して生きている

スポンサーリンク