仕事を辞めたいのだけれども、親に反対されて、やりたいようにできないという人がいます。

働いている本人のことなので、親が口を出してもどうにもならないことなのですが、そもそも育ててくれた親のお陰もあって、今の仕事があるという感謝も忘れてはなりません。

しかし、そうは言ってもあなたの人生ですから、そのまま言うに従って生きていくことは、本望ではないはずです。

単に辞めたいということだけを伝えていないか?

親の言うことは、どこかしら的を得ていることもあります。私自身も、転職は何度もやってますが、親のアドバイスは後になって間違ってなかったと思えることも多くあります。

一番問題なのは、結論だけで話しを進めようとしていないか?とうことです。

辞めるか辞めないかの話しだけであれば、親によっては、理解してもらえないことも起こります。

学校や塾に通い、勉強を重ねてきた結果入った会社であれば、辞めるにも、あなたの将来への意思や希望も聞きたいのが親の本音です。

単に会社を辞めたいだけの理由なら

単に会社を辞めたいだけの理由であっても、それは親には理解できないものです。

そもそも、仕事は生きていくためにお金を得るための手段ですから、辞めたくても辞めれない人は、世の中にたくさん居ます。

親としては、仕事を辞めることは、食べていけなくなるということが連想されるので、単に辞めたいという理由だけでは、素直に賛成できないものなんです。

転職活動を先に進行するべき

辞めてから探すという考えは、親にとってはもっとも困りモノです。仕事がみつからない時は、どうするつもりなのか?という不安が解消されないためです。

しかし、あなたが将来のことを前向きに考え、転職先を先ず見つけてからの相談であればどうでしょうか?

少なくとも先に書いたような親が思う不安は解消されているので、親もあなたの前向きな意見に耳を貸すはずです。

スポンサーリンク