転職することには決意が固いのだから、仕事を辞めてから転職活動に専念しようと考える人もいるでしょう。

リクルートが転職者100人に調査したところ、100人中53人は辞めてから転職活動をしており、働きながら転職活動したのは47人だったそうです。

働きながらも辞めてからも半々!!

内訳を見てみると、“働きながら”と“辞めてから”がほぼ半々に分かれる結果に。しかも、どちらのケースでも“成功だった”の回答が圧倒的で、後は本人のスタイルによる

しかし、貯蓄によほどの余裕があれば、会社を辞めてから転職することもできますが、そうでなければ働きながらにして転職活動をするほうが現実的なものです。

また、会社を先に辞めてから転職をした人は、転職で失敗したと答える人も多いそうです。どこかで働き口を探し終えなければいけないという焦りが、その原因になるようで、仕事を辞めてから遠慮なく転職活動できる環境が必ずしも良いというワケではないようです。

すぐに来れますが絶対有利とは言えない

仕事を辞めているほうが、企業がすぐに人材を欲しいときに身軽に動けるので有利な気もしますが、中途の場合は、それが良いとはいいきれません。

会社で何かしらのプロジェクトが始まる時に、優秀な人材を若干名雇いたいとなれば、求人にもそれなりの計画性があります。優秀な人ほどすぐには来れないという認識が相手側にもありますから、こういった場合は、採用側は、すぐに来れる人よりも、優秀な人を待つほうを選ぶでしょう。

すぐに来れる人が欲しいは、裏返せば、とにかく人が欲しいという現れでもあると同時に、それだけ人が続かない職場かもしれないということが連想されます。

辞めたいから転職するのか転職するから辞めるのか

転職の理由は様々ですが、辞めたいから転職するのと、転職するから辞めるのとでは、断然、後者のほうが印象が良いと思えます。

実際には、転職するから辞める人も、会社を辞めたかったのが理由なのかもしれないですが、周囲の目は、そのようには見えません。

働きながらにして転職の活動をしている人のほうが、自己成長に積極的にも見えることはあるようです。

しかし、現実には働きながらにして転職のための活動をするのは、そうカンタンなことではありません。入ってくる情報の量が時間がある人と比べると圧倒的に少なくなるために、良い条件の仕事を見るけることすらできないのが現実です。

良い仕事先は待っていても来ない?

自ら積極的に行動しなければ、良い仕事は見つかるはずもありません。・・・。というのは、もう過去の話しです。

転職する側も、採用する側も、ここ数年でそれまでとは大きくその方法が変わりました。

企業は採用のコストが割に合わないために、求人のための実務を外注化しました。今どきの転職は、あなたと企業の間をとりもつ企業が別に割って入るのが普通になっています。それが転職エージェントです。

今や良い仕事の話しは、自分からさ探すことなく向こうからやってきます。

スポンサーリンク