上司がはりきっている職場は死ぬ

ラインの仕事は、やっている本人たちにしか、そのキツさはわからないものですが、それを経験してきたはずの上司が、ばっさりと裏切ることがあります。え~それはそれはもう、よくあります。

ラインの仕事ってのは、結局のところ、限られた時間でいかに多く品物を作り出すかってのが成果です。

品質と安全が第1ですよと会社はいいますが、上司が出世に欲深い職場ほど、それらは無視です。え~、それはそれはもう無視です。

ラインをちょっとでも止めようものなら、こんなにクソ性格悪いやつ、なかなか世間には居ないぞっていうくらいに、嫌~な顔をします。

まだ、顔だけならいいですが、もうパワハラとかでは済まされないような暴言まで出てきます。え~、それはそれはもう酷いです。

しかし会社は喜ぶばかり

やっぱり、相手もコチラも人なので、時折衝突もありますが、基本的には、底辺側の意見は聞いてはもらえません。

お前の変わりはいくらでもいるわと言わんばかりの態度で、あっさりコチラが他へ飛ばされます。

上司は、ますます調子にのって、無理難題。サービス残業も早出も当たり前。秒のサボりも許さない職場で、サービスですよ。あなたが大手だと思ってる、日本を代表する企業がそんなだから、もう、日本の企業はみなブラックだと思ってます。

そこで、ちゃんと正すことが会社にとっていいか?と言われればノーです。

強引でも、体力まかせでも、今までこなしてきた仕事を下げることはできません。社長以外は、みな自分がカワイイのですよ。

見える化なんて世間ではいいますけど、あれ、出世したいやつが適当に書いている「見せる化」ですからね。

ほら。僕って頑張ってるでしょ?みたいな。

まだ、ほんとに、効率があがったとか、仕事が楽になったとかならいいですが、現実は、バカ上司が適当に思いつきで言い出したことを、無理やりに改善した風に見せてるだけで、仕事はまったく楽にもなってないですし、効率は以前よりも、ずっと落ちてます。

つまり、単に犠牲になってるだけですよ。犠牲だらけで成り立ってるだけなんですよ会社なんて。

最後はそいつはいなくなる

サイコーにムカつくのは、その上司、やりかますだけやりかまして、どっかいくワケですよ。最後は。

ほんと、むちゃくちゃな職場で、みんなを散々に犠牲にして、最後はどこか行くんです。自分だけ出世して。

でも、そいつは、会社からは悪者にはなかなかされません。

なぜなら、コイツが、部下全員から、おそらく誰も葬式には来てもらえないくらいに嫌われているとしても、会社はそのほうがオイシイからです。

ほんとに、部下たちが一致団結して、もしこいつが悪者になったら?

そん時は、コイツをあっさり降格させて、次のコイツを作ればいいんですよ。