プレミアムフライデーという、「月末の金曜日は15時になったら仕事終えて帰ろうぜ!」って取り組みを知っているだろうか?

そんな嬉しいこと言ってくれる会社があるか!とかじゃなくって、これは経済産業省のお達しの中であることです。つまりは国民的行事的な?

工場では誰も知らない!翌日も休日出勤していましたよ

プレミアムフライデーも、すでに2回過ぎましたが、工場で働く野郎ども達が、どう思っているかを率直に言うと、、。

「何?それ?新しいビール?」

交代勤務で働く彼らは、プレミアムフライデーというもの自体を何も知りません。世間が盛り上がっているけれども、工場の中の彼らには、そんなことが世間で起きていることすら知らないのです。

それどころか、いつものように、きっちりと残業して明日の休日出勤のために、一早く寝ています。

なぜ月末の金曜日に?考えたやつらは頭がオカシイ?

フル稼働の工場勤務では、プレミアムフライデーなんて外の出来事ですが、他の業種においても、いろいろな意見があがっていますね。

そもそも、月末の金曜なんてのは、社内の事務員や経理なんてのは一番忙しい日だったりしますから、15時に帰ろうものなら・・。周りの嫌がらせとかありそうですね。

少し考えれば、ここらへんは判ると思うのですよ。会社だってリフレッシュデーとかで、水曜日を早めに切り上げようとか、独自に何かしらをやってきているところもあるワケですから。

まあ、独自にやってきているところは、超多残業のブラック企業か、おきらくな役所仕事ですけど・・。せめて一月の仕事が一段落した月初とかにすれば良かったのにね。あ、給料日後だからとか、そんな発想?

盛り上がっているのは参加企業ともともと暇だった人たち

プラミアムフライデーに合わせた商品ってのも、アレコレと出てきていますよね。旅行だったり、15時からのディナーだったり。何かと特典がある。

デフレ脱却のためのプレミアムフライデーの推進とは言うものの、結局のところは、これって誰得なの?って言うのが感想ですよ。

プレミアムフライデーの特割セール!みたいな。ますますの値引き合戦。

今までも金曜日の午後に普通に盛り上がってた主婦とかが、プレミアムフライデーありがたいわねーって、その特典で昼間に飲みに行ってるって・・。

いや、無いわー。

スポンサーリンク