あらゆる角度からの映像で私たちを楽しませてくれるドローン。

でも、それは、私たちが知っているほんの1部でしかなく、ドローンは、建設現場や農業など多種多様な現場で使われるようになっています。

ドローンの操縦技術は、今後求められる職種のひとつになっていくことは間違いなく、ついには、ドローン操縦士の求人サイトまで登場したのです。

↓↓ドローン操縦の求人なら



ドローンは空の仕事に革命を起こした

はじめてドローンを目にして、実際に操縦をしたときは、ラジコンで遊んでいるワクワクした気持ちがしたものです。

2010年頃から、一般的にも普及をはじめましたが、土木の測量や、農薬の散布などで活躍しているドローンは、以前からもありました。

仕事に用いられるドローンは、「産業用ドローン」と呼ばれるようになりましたが、ドローンはあらゆる分野において変革を起こす可能性を秘めており、今後、ドローンの操縦技術を持つ人材も、同様に必要となっていく存在になるでしょう。

ドローンの世界にもすでに人材派遣が行われている

海外ではすでに、ドローンの操縦者の人材不足が実際に起きています。壮大な大地で、これまではヘリコプターを使用していた仕事が、ドローンへと移り変わりを見せています。

国内では、ドローン操縦士やドローンオペレーターと呼ばれています。現在のところ、公的な資格は存在しませんが、改正航空法において、10時間以上の操縦経験がなければ屋外での飛行は認められないというルールができました。

それに対しては、自己申告のみで成り立っているために、実際には、事故が起きた後に事実が確認されることになったりします。

企業としては、何かしらの事故があった際に、操縦士を選んだ側としての責任にもリスクがあるので、それなりの実績のある空撮サービス会社に依頼することになるために、フリーランスとしての操縦士は、駆け出しの頃は仕事を取るのが大変かもしれません。

建設の分野では、測量などで使用する頻度が多いために、企業内にドローンを使う部署も存在しますが、他の分野においては、ドローンの利用も断片的なために、派遣サービスなどにドローンの仕事を依頼するのが実情です。

↓↓ドローン操縦の求人なら



ドローンの操縦技術はどこで学ぶ?

ドローン本体も、私たちが知っている数万円のおもちゃではなく、数百万を超える大型のドローンなど、産業用ドローンは高価なものです。安易に墜落させてしまうと、損害は想像以上に大きなものです。

また、間違って地上にいる人に向かって落下などしてしまうと、大事故になってしまいます。

ドローンの操縦技術は、これから求められる要件のひとつへとなっていくでしょう。