「トヨタ自動車で働いていながら鬱病に?」

世間では、トヨタは優秀な企業という認識が当然のことながらあるでしょう。そこで働けることは、不安もない人生をほぼ送れるのに、鬱病になんてなるのだろうか?と。

しかしながら、トヨタをはじめとする自動車工場では、精神的な病気に侵される人は少なくない。発症した例は、鬱病の予備軍とも言われる人は、数百どころの数ではないだろう。一体何がそうさせているのか?

製造の現場は安全と品質が優先!とは言うが・・・

工場の仕事において、まず最も重要視されなくてならないのは、何を置いても安全である。働いている人間がケガをしては意味がない。そして、次に品質である。お客様にとっての良いモノを作ることであり、ひとつの不具合は世間の信用をあさSりと失う原因になる。

これらは、製造の現場では、毎日のように唱えられ聞き飽きるほどに聞いてきていることだが、現実はそれ以上に聞き飽きる言葉がある。

「なぜ台数出てないの?」だ。

安全よりも品質よりも結局は台数

当然、安全のために設備を停めることもあれば、品質に疑問がでれば、ラインを停めての確認が必要になる。しかし、それは同時に稼働率を落とすことと直結することになる。

残念ながら、ラインで働くものは100%で仕事をすることを求められる。100が基準で、評価はマイナスでしか判断されないワケだ。

当然、ラインを停めることが仕事のはずなのだが、結局は、いかに停めずに安全と品質を確保できるかという話しに方向がすすむことになる。

理想は言うがお金は出さない

そこで、役員たちが大好きな「改善」という言葉が登場するのだが、現場の人間は、秒単位で仕事を積められ改善をする時間など取りようがない。自分たちで何かをしようにも現実にはできないのだ。

現場の意見として取り上げてもらうことでもあればいいが、大きな会社は、この当たり前のようなことが、ほとんどまかり通らない。なぜなら、現場の人間とは別に、優秀?な別のスタッフが存在するからだ。

本来、汗を流して働いているのは、現場の人間であり、その現場の人間が効率よく働けるように意見をするのだが、なぜかそれは聞き入れてはもらえない。優秀?な口だけスタッフが、自分の机上の理論を具体化して成果を残さないといけないからである。

この仕組みは、大企業の中で最も損失が起きている原因だと思うが、数字には現れることがないので、報告書だけで会議がすすむ大企業では、問題視されないという問題が起きている。

自動車会社だけにあらずだが・・・

もちろん、口だけ?スタッフも必死だ。自分のアイデアで具体的に結果を出さなければ、口だけどころか、必要ない扱いにされてしまう。まだ、汗流して働いてるやつのがマシだなと。

実際、カラダを酷使して働いているのはライン工であるにもかかわらず、気持ちが病んでしまったりするのは、口だけ?スタッフのほうが圧倒的に多い。

私は、他の業種の製造工場でも働いていたが、たしかに同じように技術職と技能職という仕事は別々に存在していた。ただし、以前の職場は、現場の意見が最優先され、頭のいい学校をでた上のスタッフは、現場と一緒になってそれらの問題に取り組んでくれていた。

これは、私の個人的な経験での感想にすぎないが、自動車工場は、そういった協調性が全く感じられない。たまたま世界に名を知られている自動車工場だから、殿様的な発想でまかり通っているだけで、正直、こんな会社が生き残れるワケがないと思っている。それでも圧倒的なお金の力があるから、消し去ることもできるのであろう。

スポンサーリンク