寮の付近は桜がキレイな自殺の名所って・・

寮は、「滝頭」とか呼ばれてた、小高い場所にあるところだった。

冬は、クソ寒い場所だったんだけど、春になると、桜がすごいキレイな場所だった。

ちゃんと周辺を散策なんてしたことはなく、バスから見るだけだったけど。

駅から、ちょいとタクシーで寮に帰ることがあったのだけど、その桜の話しを運転手さんもしてくれた。

「あそこらへんは、桜もキレイですよね。有名ですよ」

ほへ~。やっぱり、有名なんだって思ってたところで、続けて運転手さんがこういった。

「自殺の名所でもありますけどね」

・・・。言葉を失った。公園なのに。

ひたすらキャベツだった

ちょいと、仲良くなった社員さんが、車で一緒に出かけようってことになった。期間工の俺を誘ってくれるなんて、、、きっと、友達居ないんだろな。

そんなに興味もないけれど、半島の先のほうへ行こうってことになった。

半島は、サーフィンとかで有名な海岸とかあって、世界選手権とかもやってるらしい。

でも、俺がドライブで感じたことは、、、。

ひたすらキャベツ畑だな。

※後で知ったけど、キャベツ生産量日本1は愛知県らしい。ほぼ田原で作られてるってことだね。

一番最初に教わったことは地震きたら死ぬからってこと

多分、一番最初に、教育だかなんだかで、真っ先に地震の話しがあった。

九州のほうから来たので、南海トラフなんて知らなかったけど、こっちの人は、誰でも知っていることらしい。

地震は少ないところで生まれ育ってきたから、内容は素直に聞くことができた。

どれくらいデッカイ地震が来るかって説明だったけど、聞き終わっての結論は。

ここに居たらほぼ死にますってことで理解した・・・。

スポンサーリンク