スペースワールドの閉園が決まり、鉄道好きなおじさん達の間では、これから駅名が変わるのかに注目が集まっているようです。

これに関しては、あまり知られていませんが、JR九州の社長が公に発言されている記事があります。

JR九州の青柳俊彦社長は25日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の閉園後も、最寄りの鹿児島線「スペースワールド駅」の名称は変えない方針を示した。

 記者会見で「お客さまが慣れ親しんだ駅名であり、当面、変えない。変更への要望があれば検討はするが、周りの都合でちょこちょこ変えるのはどうかと思う」と述べた。

もちろん、駅名を変更することも、あらゆる面でコストがかかるものですから、すぐには対応できないということもあるでしょうし、跡地に予定されているアウトレットモールの名称などが決まってから検討するのかもしれないですね。

スペースワールドの閉園後はアウトレットモールの計画があった!

スペースワールド駅は、もちろんスペースワールドに隣接して新しく建てられて駅になります。もともとは、スペースワールドに行くには、枝光駅を利用していましたが、東田地区の開発により、隣にイオンや博物館が出来たことで、スペースワールドは遅れて作られました。

スペースワールド駅が出来たのは、1999年のことです。意外に最近の話しなのですね。特急列車は、隣の八幡駅に停車していたのですが、スペースワールド駅が登場することで、特急の停車駅が、昼間は、スペースワールドへと変更されました。

追記)スペースワールド駅名はそのままで

スペースワールド駅は、閉園後もそのままになる可能性が高いようです。駅名を変更すると、あらゆるものが変更のための改修が必要になり、コストも割高になってしまうためだと思われます。

似たような事例で、呉ポートピアランドがあった、「呉ポートピア駅」も、今もそのまま使われています。

現在は、急行列車なども停止しますが、閉園後はダイヤ改正などが行われ、快速列車や急行列車の通過駅になると思われます。

また、東田地区に大型ショッピングセンターが完成することで、見直しはあるかもしれません。