トヨタ自動車の期間工採用がかなり少数になっている?

最近、期間工の面接で落ちたという人が多いようです。落とされたからと言って落胆する必要はないのです。自分の実力が評価されないと悩まないようにしましょう。

そもそも、期間工の採用は、単に労働力の補充に過ぎません。会社で仕事の量が減れば、人手も必要でなくなります。

トヨタの期間工面接に落ちたのですが2度目で受かることはありますか?

過去には大量の契約終了による派遣切りが起きた

採用する側も、過去に起きた派遣切りのことを意識していないことはありません。かつては、工場の中には、非正規の人の割合が尋常でないほどに増え、それが一度に居なくなりました。

こういったことを繰り返せば、そもそもそんな会社に誰も見向きもしなくなります。バランスが重要ですから、必要以上に雇い入れるようなことは、今ではありません。

期間工に落ちたからといって悩むことはありません。極端に少ない採用に、応募が多かっただけです。

正社員も使いまわされている

期間工の採用が少なくなった理由は他にもあります。大手自動車メーカーや部品メーカーは、あらゆる地域へ工場を分散してきました。

どこかの工場で人員が余ってくると、他の工場の応援として人員が半年や1年単位で応援の形で出張することが多くなっています。正社員であっても、遠い県外へ単身赴任で働いているのです。

派遣切り後は、期間工へ来る人も激減してしまったために、正社員の雇用が一時的に増えたりもしました。今も、時給が高騰がなければ、人は集まりにくいでしょう。さらに近年は、人手不足が問題になり、雇用の確保もしていなくてはいけない状況のようです。

正社員をグループ企業全体で確保して、人が余っている工場は、人が足りない工場へ応援で対応するようになってきています。