しっかりと時間を取って寝ているはずなのに、なんだかスッキリしないことはないですか?

睡眠不足にもいろいろと理由がありますが、私は、横向きで寝るようにしました。

無呼吸症候群なんて他人事だと思っていた

以前に比べると、すっきりと眠れないなと思うことが多くなっていました。年齢のせいだと軽く考えていたのですが、仕事をしながらウトウトしてしまうようなことも多くなり、なんだか体の異変ではと考えるように。

健康診断で、睡眠の話しを打ち明けると、数週間後に自宅で検査できる機械を渡されました。

どうやら、私は無呼吸症候群っていうやつでした。

意外などに多い無呼症候群という悩み

私の場合は、自分は無呼吸だとは考えてもいなかったので、今となっては、自分で勝手にストレスなんだと、思い悩んでいただけなんだなって感じです。

眠れてない気がする人の中には、精神的な面で不眠になってる人も多いですが、ほんとは単に無呼吸になってるだけかもしれません。

無呼吸症候群というと、太っている人というイメージかもしれないですが、実際には、肥満に関係なく起きるそうです。

特に日本人は、あごが細いので、痩せている人でも、寝ている間に呼吸がとまっている人は多くいるのだそうです。

イビキは体を疲れさせている

眠っても疲れが取れないなと感じているのは、気のせいとかではなく、実際に疲れが原因なんだとか。

寝ている間に、体を疲れさせているのは、「イビキ」なんだそうです。

寝ている間にイビキをかくのは、狭い気道で無理に呼吸をしている状態で、寝ながら風船をふくらませているようなものなんだとか。それは、疲れますよね。

でも、簡単に解消できる方法があって、それは横向きに寝ることなんだそうです。

ソファーで爆睡しているときは大抵横向き

そんなことで、眠りが深くなんてならないだろうって思ってましたが、最もなことを教えてもらいました。

「休みの日、ソファーで横になっていると、明るいとかウルサイとか関係なく夜まで寝ちゃうことないですか?」

確かになってます・・。それ以来、仰向けのままに、枕の高さをイロイロ試すのを辞めました。

横向きに寝るようになってからというもの、すっきり眠れるようになったんです。

横向き枕がオススメ

ソファーで眠りが良くなるのは、独特のソファーのクッション性などによるものですから、布団にもそれなりに工夫が必要です。

その中でも、使ってみて欲しいのは、横向き専用に枕です。ソファーでは、腕掛けに頭を置いてると姿勢になりますから、布団でも高い枕が必要ですよね。

呼吸がラクになることでイビキが解消されたとしても、肩などのカラダの一部が、翌朝ヘンに痛んでしまうのはよくありませんよね。

息もカラダもラクにできる枕にすることで、ぐっすりと眠れる環境になりますから、枕は横向き専用のものを、ちょっと贅沢ですけど使ってみてください。



夜勤明け寝れない!交代勤務で朝起きれない!人がやっている対策は?