もうダイエットの大敵は炭水化物だと気がついているんだけど

ダイエットをしてはリバウンドを繰り返してしまう。自分が太ってしまうのは、結局のところは炭水化物の取り過ぎなんだよねと気がついてはいるのだけれども、なかなかご飯やパンを減らして生活することができないという人は多いです。

炭水化物を意図的に減らしたり、思い切って食べないダイエットは、「糖質制限ダイエット」と呼ばれ、実際に効果がとても出やすいです。

しかし、それを生涯続けていくのであれば良いですが、いつかしらの痩せたタイミングで、またご飯を食べると、あれよあれよとリバウンドがはじまってしまいます。

この悪循環を抜け出さないと、いつまでたってもダイエットから抜け出せない人生に陥ってしまいます。

炭水化物は食べないといけない

糖質制限ダイエットは、みるみる痩せる効果と引き換えに、痩せにくい体質を同時に作っていきます。炭水化物を食べない間は痩せますが、食べるとすぐに太ってしまうです。

短期間で過酷なダイエットが、ここ数年でブームで、その中で糖質制限は有名になりましたが、実際にはリバウンドで苦しむようになった人も、多くいます。私もそのひとりです。

ダイエット中であっても、炭水化物を一切食べないというのは、避けたほうが良いと私は思います。

これまで食べていたお米の量を半分にしてみたり、麺類を食べるときは、セットでご飯を食べないなど、普通に誰でも思いつくコツコツした努力を継続することが最もなのです。

ついつい食べすぎてしまうから痩せれない

しかし、もう何度もダイエットやリバウンドをしてきた人は、この答えには行き着いています。本当に困っていることは、つい食べすぎてしまうのです。「つい。」

ひとりで、家にこもりっきりで食事をするのであれば、コントロールもできますが、付き合いで外出することもあれば、家族が集まることもあるワケです。何か薦められれば、食べないことも失礼になることだってあるでしょう。

どんなに意思が強い人でも、これらの環境には柔軟に対応せざるを得ないこともあり、それがダイエットを邪魔しているとも言えるでしょう。

私も、この「つい」から抜け出せない為に、思うように痩せないことがストレスになっていました。ある時までは・・・。