10年後の仕事図鑑

本屋さんで、今一推しされている感の「10年後の仕事図鑑」という本を買ってきました。

内容は、AIが人間に取って代わるのか?が主になっています。

私も、とても興味のある分野ですし、将来的には、仕事のほとんどがロボットと人工知能に取って変わるものだと考えています。

もちろん、それがいつになるかというのは、断言できるものではありませんが、そんなに遠い話しではなく、少なくとも私が生きている間に、バスやタクシーは無人化しいるものだと思いますし、現金なんてのは、化石のような扱いになると思っています。

あまりに話しが広がるので、今日は自動車工場の未来を僕なりに勝手に考えてることを書きたいなと思います。




非正規社員よりもホワイトカラーが必要でなくなる

現在の自動車工場では、非正規で働く人がおよそ半数くらいになっていないでしょうか?まあ、会社や現場によりけりなのですが、僕が見渡す感じではそんな感じです。

さて、あと10年もすれば、素晴らしいロボットと人工知能に、これまで必死に汗をかいてカラダを動かして我慢してきた我々が、仕事を失ってしまうのか?と考えてしまうことでしょう。しかし、物事には順番というものがあります。

自動車工場においては、現場で働く人間は、おそらく後回しになるはずです。なんとなく思ったことを次に少し書いてみました。

管理職

これは、自動車工場に限った話しではなく、全ての業種において管理職というのは無くなっていくことが予想できます。そもそも管理することに生産性はなく、効率化が常に行われていなければ不要なポジションだからです。多くの管理職は、監視職になっているのが実情ではないでしょうか?それでいて給与は、実際の労働者よりも高いです。

自動車工場の中では、管理職といってもいろいろな職場があるので一括りには言えないですが、管理はAIに一貫されることで、すべての管理職はとって変わられます。1作業それぞれに数百、数千万円のロボットが必要なことと比較すれば、ひとつの少し大きなサーバとAIによって、全ての管理職が置き換えられるのであれば、圧倒的に企業のパフォーマンスは向上するためです。

そもそも、業務の終わりに手入力でエクセル入力して日報をつけ、翌日にそれをプリントアウトして管理職があつまって、毎日実績を報告しあうだけの会議に何の意味があるのでしょうか?これは、AIうんぬんでなく、今この時点でも不要です。

私は、日頃から思っているのですが、管理職みたいなポジションをなくして、現場に人間をひとり多く配置するほうが、あらゆる効果を発揮すると思っています。そもそも、管理職が有給で居なくとも工場は動いています。管理職の仕事をチームで分担したほうが、情報の共有も早く、目的意識も向上すると思いますし、何より現場のかゆいところに手が届く人が、ひとり常に余ることで、無駄な朝の報告会議の間に、生産性があがります。

看板

看板方式でピンとくるのは自動車工場と関係会社くらいです。やたらと生産台数やタクトに拘り、リアルタイムに生産状況をカウントしているのが自動車工場です。部品は、下請けの工場にまで、看板方式という方法で、必要なときに必要なだけ注文することで管理されています。でも、これ古いな?って感じることありませんか?

生産台数が決まっているのであれば、必要な部品数も決まってきます。国内では、受注生産で車輌が作られるという素晴らしいシステムがすでに出来上がっていますが、それと同時に必要な部品数や発注も可能になるのではないでしょうか?AIはこれらの管理を一括で処理する能力があるでしょう。

生産会議

そもそも生産に関しての議論は必要でなくなります。とは言うものの、現状でも会議といったものではなく、生産台数の決定事項を上から下に伝えているに過ぎない気がします。もともと必要ではない気もします。

上でも述べましたが、受注生産のシステムが整っている今は、生産台数もリアルタイムに全共有することも可能なはずです。その仕事を配分伝達することもオートメーションすることも現技術でできるでしょう。いずれは、AIの知能ははるかに成長し、受注されるであろう台数までもを計算によってはじきだすことになる思います。

物流運搬業務

ものを運ぶ仕事は、工場の中ではオートメーション化が頻繁に議論されるし、実際に行われていると思います。しかし、突発的に人を動員してモノを動かすことが必要になる場面は数多くあります。すべての運搬業務がロボットに取って変わるこは不可能です。とは言うものの、アマゾンの倉庫などを見ると、自動車工場の部品運搬も遅れているなと感じることがよくあります。